今日もいい日!ブログ

楽しくリラックスできる毎日をご一緒に!

ディズニー冬の必須アイテム 便利な持ち物はこれ!

   

冬の寒い季節にもクリスマスやニューイヤー、バレンタインとイベント目白押しで魅力たっぷりのディズニー。

できれば冬の冷たい風や乾燥に悩まされず思いっきりアトラクションやショーを楽しみたいですね。

持って行くと冬の園内で便利なグッズをご紹介します!

 

ディズニー持ち物リスト 冬版

冬のディズニーへ準備したい便利な持ち物は何でしょうか?

「念のために」と色々持って行きたいところですが、快適に携帯できて便利度が高い物を優先したいですね。

あれも、これも!となると厚着をしているうえに寒さで体が固まっているところに大荷物は動きを妨げます。

出来れば荷物は最小限、ですが寒さや乾燥だけはしっかり対策して園内を楽しめるグッズはお忘れなく。

他の季節にもお出かけに持って行く必要なものにプラスして、冬は防寒対策となるものを持って行ってください。

スポンサーリンク
 

冬のディズニー 便利なグッズ

  • 大判ストール(ひざかけ、座布団替わり、風除けとべんり)
  • ワセリン
  • サングラス(目のほこり、乾燥防止)、目薬
  • 使い捨てカイロ
  • 足先用カイロ
  • 裏フリースのレジャーシート(場所取りをする人)
  • エコバッグ(手が空くように)
  • ナイロンタイツやハイソックスなど(足元の防寒予備として)
  • 大判ストール(ひざかけ、シートの座布団、風除けetc.何かと便利)
  • のど飴

大判のストールがあると、座る時の座布団やひざかけ、ブランケット替わりに重宝します。

自分がストールとして使えるのはもちろんお友達や恋人同士で包まる、お子さんを包んであげるなど用途は多様で便利です。

ワセリンについては次章でその利便性をお話しします。

サングラスは風除け、花粉防止、目の乾燥防止に持っていると便利です。

そして目薬で目を乾燥から守り、快適に過ごしてください。

使い捨てカイロや足先用のカイロは待ち時間が長いときに重宝します。

足元の防寒をしっかりすると全身が温まるので携帯しておくと便利です。

自分で使わなくても寒がっているお友達にあげて喜ばれるのも嬉しいものですよ。

エコバッグはナイロン製など軽量のものが良いです。

おみやげや、使わないストールや手袋などをどんどんしまって肩から掛けられると手が空くので便利です。

※ランド・シーともにディズニー園内はカートやキャリーバッグは禁止です。

レジャーシートは、気温がさらに急降下する夕暮れのパレードの見えやすい場所取りをする方には必要です。

立って観る、立ったままでパレード待ちをするという方にはレジャーシートは必要ないでしょう。

でももし長い時間座って場所取りをするなら保温性のあるレジャーシートが安心ですね。

地面からの冷気で身体を冷やさないように下面が柔らかいフリースなどのシートがおすすめです。

あとはかさばらないタイツ、靴下などの足元防寒グッズを小さくまとめて予備としてバッグに忍ばせておくと安心ですよ。

足先の冷えから全身の冷えを強く感じることが多いのでまずは足元を温めるのが寒さ対策として効果的です。

あめはのど飴でなくて、普通の好きなフレーバーのあめでもOKです。

喉の保湿がインフルエンザや風邪の予防には効果的とされています。

スポンサードリンク

乾燥した空気に喉をやられないよう、また絶叫マシーンの後などにはあめで喉を潤しましょう。

では次に冬のディズニーお出かけに万能なアイテムとして私が重宝しているワセリンについてです。

色々な使い方や持って行く便利な方法をお伝えします。

冬の乾燥にはワセリンひとつ!

冬の乾燥する寒い時期に欠かせないお手入れグッズが「ハンドクリームとリップクリーム」です。

顔や首筋も冬の屋外にずっといると乾燥するから乳液やボディークリームも持っていきたい!という方もいますね。

必須アイテムと思われるこれらのお肌のケアグッズは、かさばるものではないのですがひとつのアイテムでも代用できます。

それは「ワセリン」です。

ワセリンには保湿効果肌を保護する効果があります。

しかも副作用の心配がとても少なく安全性が高い保湿剤となります。

刺激が少ないので色々な部分に使えるのが最大のメリットです。

海からの乾燥した冷たい風が顔、唇、目鼻の周りや手肌をピリピリ刺激する冬のディズニーにはひとつあれば安心ですよ。

リップ、ハンド、ボディークリーム替わりにはもちろん、ちょっとした擦り傷やかゆみにも使えます。

園内を歩き過ぎて靴擦れしてしまったと言う場合も傷の保護として塗ることができます。

冬のお出かけは保湿にワセリンを携帯

  • リップクリームやハンドクリームとして
  • 乾燥で肌がピリピリする時
  • 頬や口の周りが粉を吹いた時
  • 鼻をかみ過ぎて鼻の下がカピカピになった時
  • どこかで擦って小さな切り傷ができた時
  • 靴ずれして痛い時
  • 乾燥のかゆみに
  • 花粉症の対策に
  • etc.

お子さん連れのディズニー訪問ならワセリンは「持ってて良かった」と思うシーンが特に多いかもしれません。

ワセリンに薬効はありませんのであくまでも一時的なお肌の保湿と保護になりますがおでかけの時間には十分ですね。

また、革靴や革のブーツのツヤだしに使う方もいるようです。

ワセリンを上手に使うポイントは「少量を薄く伸ばすこと」です。

たくさんつけすぎると油分でベタベタしてしまうので、少量のみ指にとり薄く延ばしてください。

冬の時期の花粉症に悩まされるなら、ワセリンで花粉症対策もできます。

目の周りや鼻の穴の中に塗っておくと、花粉が直接粘膜を刺激するのを妨げることができますのでしっかり塗ってください。

100円ショップで売っているような小さな容器にワセリンを1日分詰め替えて携帯するととてもコンパクトです。

少量でとても良く伸びますので小さなケースで持ち運びに簡単なワセリンをひとつ携帯すると冬は特に安心ですよ。

ディズニーは防寒コーデで

海の近くにある夢の国、ディズニーの冬はとても寒く海風で乾燥します。

普段は特に寒がり体質や乾燥肌でない方もぜひ防寒と乾燥の対策をしてお出かけくださいね。

冬のディズニーへの服装については防寒コーデもご参考になさってください。

また、ディズニーは1月が最も空いている時期といわれています。

ぜひ冬のディズニーを準備万端にして楽しんでください!

スポンサードリンク

 - おすすめスポット ,