今日もいい日!ブログ

楽しくリラックスできる毎日をご一緒に!

バレンタインは自分にご褒美チョコ 予算やおすすめは?

   

最近は本命チョコ、、友チョコ、義理チョコなどのバレンタインチョコレートの進化形が続々現れていますね。

その中でもとても興味深いのが「自分チョコ」!

いつも頑張る自分へのご褒美に、と男性・女性問わず自分チョコはどんどん広がりをみせています。

バレンタインのロマンティックな雰囲気を優雅に過ごすための美味しいチョコレートが選ばれています。

予算はどれくらいが相場なのか?自分チョコを贈るために必要なアイデアをお伝えします。

スポンサーリンク

友チョコ 義理チョコ 自分チョコの予算

友チョコ、義理チョコ、自分チョコの中でどれが一番予算をかけられているかご存知ですか?

学生さんか社会人かで相場は変わりますが、最近では「自分チョコ」への予算の高さが目立つようになりました。

友チョコや義理チョコへの平均予算は近年100円~1000円が相場のようです。

友情の印で交換し合う軽い意味合いの友チョコ。

数人でお金を出し合って上司や同僚などにプレゼントする義理チョコ。

これらは全員に負担にならない金額が良いですものね。

そして本命チョコは大体2000円位が平均となるのですが、果たして自分チョコは?

驚くことに「自分チョコへの予算が一番高い」という人が結構増えています。

自分チョコへの平均予算は3000円以上です。

平均で3000円になるということはとても高級なチョコを自分チョコに選ぶ人がいかに多いかわかりますね。

5000円、1万円以上という自分チョコを買う人も多数いますよ。

友チョコや義理チョコは数を配る必要があったり、お付き合いも深くないケースが多いのであまり高額な予算にはなりませんね。

本命チョコについては、プレゼントを別に贈ったり、バレンタインには3月14日のホワイトデーのお返しの負担にならない金額をと予算を抑えるケースもあるようです。

このため、友チョコ、義理チョコ、本命チョコはそれほど高額予算にならないのでしょうね。

ただ、最近ではポピュラーになった自分チョコの予算が本命チョコより上なのはいくつか理由があります。

  • 自分へのご褒美だからゴージャスなものを選びたい
  • 現在本命がいないので自分用に予算をにまわせる
  • 値段が高くてもバレンタインの限定品が欲しい
  • 高級なチョコレートを年に一度は思い切り食べたい

などが理由となり、自分チョコにはちょっとお値段が高めのものが選ばれているのです。

甘い物大好きでチョコが喜びとなる女子だけでなく、バレンタインに自分チョコを求めるスイーツ男子も増えてきているそうです。

バレンタイン 自分にチョコを贈るポイント

自分チョコを選ぶときに忘れてはいけないポイントがあります。

それは「贈り物としてふさわしい演出をすること」です。

たとえ自分用であっても、ここは手を抜かないほうが良いです!

なんといっても自分へのご褒美ですから決してみじめな気分になるようなことは微塵もあってはなりません。

自分チョコも大切な人(自分)への贈り物としてしっかりプレゼントにしてくださいね。

自分チョコの予算は高めに

自分チョコは自分は価値ある人間だということを認識する作業にもつながります。

ご褒美なのですから、いつでも買える普段使いのものではないチョコがベターです。

少し無理してでも自分にふさわしい価値ある高級なものを選んでくださいね。

試食してピンときたものを買う

試食ができるなら一番良いですが、試しに1ピースだけ買っていろいろ試してみるのがおすすめです。

「おすすめランキング」などに常連の高級チョコレートも自分の口に合うものとそうではないものがあると思います。

スポンサードリンク

ご褒美チョコですから必ず一番おいしいと思うチョコレートを自分にプレゼントしましょう。

デザインやパッケージにこだわる

バレンタインの雰囲気を満喫して幸せになれるようなチョコレートやパッケージのデザインを選んでください。

パッケージはロマンティック調、ゴージャス調、メルヘン調、クラシック調、キャラクター系など自分の好みのものを。

目を喜ばせて舌で味わうというふたつの喜びを楽しみます。

包装とリボンも必ずしてもらう

「プレゼントですか?ご自宅用ですか?」と聞かれたら迷わず、

プレゼントです!!!

と答えてください。

間違っても「あ、そのままで良いです」とビニールや紙袋に入れてもらわないでくださいね。

自分へのプレゼントだと言うことを忘れずに贈答用のラッピングとリボンも選んで包んでもらいましょう。

バレンタイン自分チョコおすすめブランド

ゴディバ、メゾン・ドゥ・ショコラ、ピエール・マルコリーニ、エヴァン、エルメ、リンツetc.

他にも何十~何百種類、本当にたくさんの素晴らしい高級チョコレートが街に並びます。

その中でも私がお気に入りの特別感のあるチョコレートをご紹介します。

それは「ドゥボーヴ・エ・ガレ」。

フランスのルイ16世時代の王室に使えた薬剤師でありチョコレート職人であったドゥボーヴが、王妃マリー・アントワネットへ捧げたチョコレートです。

マリーアントワネットが愛したフランス王室ゆかりのチョコレートで、フランス革命直後からパリに店を構える歴史あるチョコレート店の製品です。

チョコレートに刻印されたシンボルが王室をイメージさせるような高級感あふれるデザインのチョコレートで、味も濃厚ながらやさしく芳醇です。

パッケージデザインもクラシックで本当に豊かな気持ちになれるので大好きな一品です。

ドゥボーヴ・エ・ガレ チョコレート

フランス旅行の際はパリにある本店まで足を延ばしました。

お店の建築様式がとても美しく、まるで小さな美術館のようです。

半円型の本店はナポレオンの御用建築家が設計した建造物らしく歴史遺産補充目録に登録されていることを聞き、なるほど!と思いました。

このドゥボーヴ・エ・ガレのチョコレートを飾って眺めた後に「ベルサイユのばら」を読む。

そしてフランス革命時代へ思いを馳せながらチョコレートをひとつづつ口に運んで癒され感動する。

こんなひとりバレンタインが自分にとって至福の時ですね。

自分チョコはこれで決まりです。

ドゥボーヴ・エ・ガレはまだポピュラーにはなっていないブランドだと思いますので、新しい物好きなかたにもぴったりです。

また、歴史や文化に精通しているインテリ層や、本物志向の方へのバレンタインチョコとして贈り物にもおすすめです。

バレンタイン自分チョコまとめ

  • 自分チョコは友チョコや義理チョコより予算が高額な人が多い
  • 自分チョコは本命チョコよりもお金をかける人が多い
  • 自分チョコの予算はだいたい3000円以上。5000~1万円以上の人も多い
  • 自分チョコはちょっとムリしても高級感あふれるものを選ぶ
  • 自分チョコはご褒美感があるデザインやパッケージを選ぶ
  • 自分チョコへのラッピングやリボンも忘れずに

では素敵な自分へのご褒美のバレンタインチョコを楽しんでくださいね!

スポンサードリンク

 - 行事・イベント