今日もいい日!ブログ

楽しくリラックスできる毎日をご一緒に!

夏の水分補給には麦茶に塩砂糖! 夏バテ防止のアレンジ麦茶

   

夏の風物詩と言えば冷たい麦茶!と麦茶のない夏の食卓は考えられないのではありませんか?

美味しくてなぜか何杯でも飲めるし、喉が潤ったあとは気分もさわやかになりますね。

この夏の麦茶にひと工夫を加えてアレンジした麦茶ドリンクでもっと水分補給やティータイムを楽しみましょう!

スポンサーリンク
  

夏の麦茶で健康に過ごす

夏の季語としても使われるほどの麦茶。

香ばしくてすっきりしたのどごしで万人に好まれる美味しい飲み物ですね。

麦茶には通常は添加物が含まれていません。

このため赤ちゃんからお年寄りまで安心して飲める「自然飲料」なのです。

また、原料が大麦なので小麦アレルギーの人でも飲んでOKなほどのまさに誰でも美味しく楽しめる飲み物です。

さらに麦茶には血液をサラサラにする働きや高い抗酸化作用があり、病気予防やアンチエイジングが大きく期待できるスーパードリンクなのです。

また、タンニンも含まずノンカフェイン・ノンカロリーなので飲み過ぎで健康に悪い、太る!などの心配もありません。

健康増進や夏バテ防止、そしてダイエットするならジュースの代わりに麦茶ですね。

でも麦茶の同じ味ばかりで飽きちゃう・・・そんな時には麦茶をアレンジしちゃいましょう。

夏のスポーツドリンクに塩麦茶を

夏はただでさえ汗がダクダクと流れ落ち、水分と塩分が身体から奪われていきます。

まして運動や入浴などで汗が大量に出ると、体が脱水症状を起こしてしまうことも。

そんな時には熱中症対策に塩麦茶で水分と塩分(ミネラル)を乾いた身体に補給しましょう。

塩麦茶の作り方

麦茶1リットルに対し、塩を1~2g(ひとつまみ少々)を入れる

これだけです!

また、速やかな経口補水液として麦茶でスポーツドリンクを作ってみましょう。

市販のスポーツドリンクも美味しいのですが、砂糖の量が健康と美容を気にする私たちにはちょっとNGなこともありますね。

糖分は極力抑えて、体内にすみやかに吸収される麦茶スポーツドリンクを作って健康的に水分補給しませんか?

麦茶スポーツドリンク(塩砂糖麦茶)の作り方

スポンサードリンク

麦茶1リットルに対し、塩を3g(小さじ半分)、砂糖を40g(大さじ4と1/2)

これを入れてよく混ぜるだけです。

水出し麦茶や冷えた麦茶の場合、塩や砂糖が溶けにくいこともあります。

塩麦茶や麦茶のスポーツドリンクを作る時には沸かしたお湯に煮出した麦茶が温かいうちに塩や砂糖を入れて溶かすと良いですよ。

麦茶に砂糖!?というかたも多いでしょうが、台湾ではお茶に砂糖を入れたドリンクが普通に市販されていますし、日本でも麦茶に砂糖を入れて飲む地域やご家庭は意外と多いんです。

塩麦茶や麦茶スポーツドリンクは夏の熱中症対策に水分とミネラル補給に最適ですので、マイボトルやポットに入れて食卓へどうぞ。

またお子さんのサッカーなどの習い事の時にも持たせてあげてみてくださいね。

麦茶のアレンジでもっと楽しむ

水分補給にも健康にとても良い麦茶ですから、色々アレンジして美味しくもっと楽しんで飲みましょう。

麦茶ミルクティー

麦茶に牛乳とお好みで砂糖かガムシロップを加えるだけ。麦茶は濃いめのほうがミルクティー風味が増します。
牛乳の代わりに豆乳で豆乳ミルクティーも。

しょうが麦茶

麦茶にすりおろし生姜を少々入れて混ぜるだけ。はちみつを加えて甘みと柔らかさを出して美味しく飲めます。
これに牛乳を加えて生姜麦茶のミルクティーもなかなかです。

シナモン麦茶

麦茶にシナモンパウダーを加えるだけ。シナモンも血管の老化防止効果が期待できるスパイスですので健康ドリンクになります。

アップル麦茶・オレンジ麦茶

麦茶にリンゴジャムかアップルジュース、または麦茶にマーマレードかオレンジジュースを少々足してフルーテイーな麦茶ドリンクを楽しみましょう。

炭酸麦茶

麦茶に炭酸水、フレーバー炭酸水、炭酸のジュースを加えるととても甘くておいしい炭酸ドリンクの出来上がりです。

夏はシュワッとした炭酸が欲しい時に、健康的な炭酸麦茶をどうぞ。

麦茶はノンカフェイン・ノンカロリーで赤ちゃんからお年寄りまで健康にもとても良い飲み物です。

お好みにアレンジして水分やミネラル補給、ティータイムの楽しみにぜひ麦茶をもっと活用してくださいね。

スポンサードリンク

 - 生活のアイデア , ,