今日もいい日!ブログ

楽しくリラックスできる毎日をご一緒に!

クリスマスにはブッシュドノエル 由来や飾りと手抜きで簡単な作り方

   

クリスマスの夜にはごちそうのあとのお楽しみは子どもも大人も「クリスマスケーキ」ですね。

日本ではクリスマスといえば円形のデコレーションケーキが定番です。

でもたまにはコンセプトをヨーロッパのロマンティックで聖なる夜を表現した丸太型のクリスマスケーキを楽しみませんか?

スポンサーリンク

クリスマスのブッシュドノエルがなぜか定番に

最近の我が家のクリスマスケーキは何年も「ブッシュ・ド・ノエル」。

横長のままのロールケーキにココアクリーム(またはチョコクリーム)で薪色をつけ、樹皮の模様の筋をつけた上に飾りをのせた伝統的なケーキです。

「La Buche de Noel」フランス語で「クリスマスの薪」の意味で、発音は「ラ・ブッシュ・ド・ノエル」または「ラ・ビュッシュ・ド・ノエル」

地元フランスの人が発音するときは私にはどちらかというと「ラ・ビュッシュ」の方が近いように聞こえます。

3回ほどご縁があってクリスマスをフランスで過ごしたことがあり、その時に魅了されたのがこのブッシュ・ド・ノエルです。

パリのお菓子屋さんに行くとクリスマスには横長でシンプル、そして温かみのある伝統的な丸太型のケーキがたくさん売られています。

フランス人はこの丸太の薪型のブッシュ・ド・ノエルを食べないとクリスマスの気分が盛り上がらないと言うくらい。

フランスではクリスマスを代表する風物詩となっています。

そして味はと言うと、フランス人もスイーツが大好きな国民ですし、パティシエは世界最高レベル。

ケーキの美味しさはスイーツには一言ある舌の肥えた日本人もうなるほどですよ。

クリスマスと言えば円いデコレーションケーキを兄弟と切り分けてサンタの飾りやイチゴの取り合いをしていた思い出があります。

ずっとこの円いデコレーションケーキをバタークリームか生クリーム、チョコクリームかの変化があるだけでクリスマスにはこのケーキと思っていました。

でもフランスでブッシュ・ド・ノエルに出会ってからはこの古き良き伝統ある、そしてぬくもりを感じさせる切り株型のケーキにはまってしまいました。

ブッシュ・ド・ノエルは日本でも流行し始め、結構街のケーキ屋さんでも置いてあるお店が増えました。

このシンプルなケーキは見た目がとても可愛く、薪の形がヨーロッパの冬をイメージさせて心が和みます。

それに横長のロールケーキ型なので不器用でも、人数が何人でも切り分けやすいのが毎年ありがたいでです。

円いデコレーションケーキは誕生日でも食べる機会がありますが、この魅力的な薪型のブッシュ・ド・ノエルを食べる機会はクリスマスしかありません

クリスマスにはブッシュ・ド・ノエルが最近のお祝い定番メニューになりました。

ブッシュドノエルの由来は?

フランスの伝統的なクリスマスケーキであるブッシュ・ド・ノエルは薪の形をしています。

クリスマスケーキが丸太型、薪型になった理由は何でしょうか?

この由来には諸説あります。

  • フランスでは昔クリスマスイブから新年まで暖炉で薪を燃やし続け、翌年の幸福を祈る習慣があった
  • 暖炉で薪を燃やしてイエス・キリストの誕生を祝い身体を温めた
  • 貧しい青年が恋人へのプレゼントの代わりにクリスマスに暖かくできるように恋人へ薪を贈った

などです。

このように「薪」とクリスマスは切っても切れない縁があり、ブッシュ・ド・ノエル(クリスマスの薪)のケーキ型になったと言われます。

スポンサードリンク

パリなどの大都市を始め、最近ではフランスもセントラルヒーティングが主流となっているはずですが、やはりまだ暖炉があるご家庭もあります。

昔から現在までクリスマスと言えば薪!というイメージは健在なのですね。

とても厳しく乾燥した冬がやってくるフランスで、暖炉の炎にくべられる薪、森の木のぬくもりのイメージを感じながら食べる薪型のケーキは格別ですね。

自然を愛する民族である日本人なら、たとえ暖炉がなくてもこたつの上にのせたブッシュ・ド・ノエルで十分にヨーロッパの薪のケーキの雰囲気は味わえますよ。

ファミリーもお友達同士でもカップルでもロマンティックで可愛らしいブッシュ・ド・ノエルはクリスマスの話のネタにもなりますしおすすめです。

ブッシュドノエルの簡単な作り方

さて、ブッシュ・ド・ノエルは最近ではクリスマスシーズンに入手しやすくなったのですが手作りもできます。

作り方はこんな動画をご参考にいかがでしょうか?

このロール(薪型)にするスポンジ生地はオーブンがないならフライパンで焼いてもOKです。

私はさらに手を抜いてホットケーキミックス(←万能ですよね♪)を使っています。

ブッシュドノエル手抜きバージョン

  1. ホットケーキミックスを円いフライパンで焼く
  2. 出来た生地を四角く切る
  3. クリームやフルーツを入れてロール型に巻く

という方法でやっています。

※もっと手を抜く時は失敗のない市販のロールケーキとチョコホイップクリームを買ってきて15~30分くらいで出来上がり!

クリームはココアクリーム、チョコクリーム、コーヒークリームなど木の褐色を表現できるものなら何でもOK。

白の生クリームで雪に覆われたイメージのブッシュ・ド・ノエルも良いですね。

ロールケーキも人数が多ければバニラとココアを用意したり、具材のフルーツをかえたりして2種類の味を楽しめるようにしています。

飾り付けは子どもたち、ご夫婦、カップル、お友達とみんなでワイワイ上にいろいろのせても手作り感が出て楽しいですよ。

ブッシュ・ド・ノエルの飾り付け

  • 白い粉雪をあらわすパウダーシュガー
  • クリスマスカラーの緑や赤のフルーツ(イチゴやキウイ)
  • サンタクロースやヒイラギの飾り
  • きのこの山やたけのこの里など森の雰囲気があるお菓子
  • アラザン、カラースプレー
  • など

をのせたりちりばめたりします。

ブッシュ・ド・ノエルの模様の付け方

一面にべっとり塗られたクリームにフォークで筋をつけて丸太の感じを出せればOKです。

この上にチョコペンで樹木にからまる蔦(つた)を描くなどして自然の樹の雰囲気をアップさせることもできます。

ブッシュドノエルでおいしいクリスマスを

ブッシュ・ド・ノエルでヨーロッパのクリスマスの雰囲気を味わいながら聖なる夜を過ごすのも良いですよ。

ケーキが薪型ということはは決まっていますが、フレーバーやクリームなどいろいろな種類が売られていますので食べ比べても良いですね。

切り分けやすいのでパーティーにもおすすめです。

楽しく美味しくヨーロピアンな雰囲気満点のクリスマスをブッシュ・ド・ノエルでお過ごしくださいね!

スポンサードリンク

 - 行事・イベント ,