今日もいい日!ブログ

楽しくリラックスできる毎日をご一緒に!

ディズニーハロウィーンの仮装 着替えスペースや便利な持ち物は?

      2016/11/07

ディズニー毎年大人気のイベントが「ディズニーハロウィーン」です。

2016年は9月9日から10月31日までの開催となりました。

また、フル仮装期間中はたくさんの素敵なディズニーキャラクター仮装での入場者による混雑が見込まれます。

ディズニーハロウィンの仮装にはどこで着替える?

気をつけなくてはいけないことは?

持っていくと便利なものは?

そんな疑問にお答えします。

スポンサーリンク

ディズニーハロウィンでのフル仮装はいつ?

2016年のフル仮装で入園できる日はディズニーハロウィーン期間の始めと終わりの1週間です。

フル仮装入園の対象日

9月9日(金)~9月15日(木)

10月25日(火)~10月31日(月)

がディズニーキャラクターのフル仮装で入園して楽しめる期間です。

小学生以下のお子さんは毎日フル仮装OKで、中学生以上の方はこの期間以外は部分的な仮装のみOKとなります。

ハロウィン期間中、特に全身フル仮装OKの期間である土日は本当に混雑します。

まずて2016年の場合は10月29日(土)、30日(日)は日付指定券限定入場日となりますのでお気をつけ下さいね。

この日に来園したい方は確実に日付指定券を入手しておきましょう。

ディズニーハロウィン仮装の着替えスペースはどんな感じ?

着替えスペースの場所使用可能時間(2016年)については以下の通りです。

着替えスペースの設置期間

9月9日~15日と10月25日~31日

これらのフル仮装対象期間に限り、衣装に着替えるための「着替えスペース」が設けられます。

使用可能な時間:パークのオープン1時間前~パーククローズの22時

場所:パークプロムナードそば
着替えができる更衣室は入園ゲートより手前、つまり園外に男女別に設置されています。

来園する時刻にもよりますが、30分から2、3時間待ちくらいまで覚悟したほうが良いのがこの着替えスペースです。

開園と当時に仮装で入園したい人たちは朝6時から着替えの順番待ちに並んだりもするくらいの人気の場所となっています。

また、着替えた後にコインロッカーへ荷物を預けて・・と思っていても午前中早い時間ににはコインロッカーは満杯になってしまうことがあります。

さらに仮装の準備が整い、いざディズニーの夢の国へ!と思ってもその頃に入場制限がかかってしまうと悲惨ですね。

午前中から仮装し、確実にディズニーへ入園してを楽しみたい人は、

  • 着替えのために朝6時頃から着替えスペースの列に並ぶ
  • 前売り券(日付指定券)をあらかじめ購入しておく
  • ディズニーのオフィシャルホテルに前泊して、仮装したまま入園する

などのアイデアも御一考ください。

着替えスペースには物置き台、いすなどはありません

鏡も設置されていますが数が少なく譲り合って使うので、最後の全身チェックくらいしか出来ないと思ってください。

またコンセントを使ってのドライヤーも禁止です。

かなり限られた環境での着替えとなりますので、衣装着替えの下準備をできるかぎり整えて来園すると安心ですよ。

ディズニーハロウィン仮装のマナー

ディズニーもできる限り着替えは自宅などで入園前に済ませてくることをすすめています。

車で来園する方は車内で着替えることもできますが電車で来る方には注意しなければならないことがあります。

それは、ディズニーの周辺で着替えをすることはNGだと言うことです。

「着替えスペースに並ぶ時間がもったいないから周辺でさっと着替えちゃおう」

または

「あとはウィッグとメイクだけだから近くでさっと済ませよう」

ということはできません。

スポンサードリンク

ディズニーへの仮装着替えやメイク禁止の場所

  • 電車の中(一般マナーです)
  • 駅や商業施設の中(トイレ含む)
  • ディズニー内外のトイレ
  • ディズニーのコインロッカー付近
  • ピクニックエリア内

ディズニーの中に入園してしまえばトイレなどで着替えもできると考える方も多いですね。

しかしディズニー内も外も着替えスペース以外は着替えNGです。

そしてディズニーランドやディズニーシーのそばまで行けばみんな仮装したり着替えたりしてるでしょ?というのは間違いなのです。

ディズニーのフル仮装対象日であっても、ディズニー周辺に住む方、勤める方、電車に乗り合わせる方には全く関係ありません。

大人のマナーとしても守るべきことは守り、ディズニー側は周辺への迷惑をとても嫌いますのでルールを守ってハロウィンを楽しみたいですね。

ディズニーハロウィンに便利な持ち物

ディズニーハロウィンの仮装をするのに持って行って便利!というものをお伝えします。

フル仮装ができる機関である9月初旬と10月下旬ではかなり気候が違いますので、その時の気温やお天気を見て以下をご参考になさってくださいね。

手鏡・折りたたみミラー

着替えスペースの鏡は長い時間使えません。

ちょっと気になるところは自分の鏡ですぐに整えたいですね。

メイクやヘアセットの時に両手が空く折りたたみミラーはあると便利です。

衣類圧縮袋

100均などで買えます。コインロッカーがいっぱい、荷物が多いなどの時に荷物を圧縮して持ち歩くことができます。

帰りの着替え(9月)

たいてい9月9日頃は残暑が厳しく、衣装を着てディズニーを一日楽しむと帰りは汗だくです。

帰り用の着替えをコンパクトに用意していくと便利です。

ボディ用ふき取りシート(9月)

仮装やアトラクションを楽しんで汗だくになった時にさっと身体を拭いてさっぱりすることができます。

ウェットシート代わりとしても使えますし、帰宅前にも体をふき取るとすっきりとした気分で帰れます。

羽織り物(10月)

日中に歩いて活動しているうちは良いのですが、日が暮れるころから衣装だけでは肌寒く感じることも。

自分の衣装に合わせてマント・ポンチョ・ケープ・スカーフなど1枚羽織り物があると10月は安心です。

靴下・タイツ(10月)

同じく10月の日暮れ頃からの防寒に1足あると良いですよ。

かさばるものでもありませんし、寒くなった時に足元の冷えをカバーできるとかなり気分が違いますのでぜひ。

ナイロンの軽量バッグ

衣装や羽織り物を入れたり、買ったおみやげなどもポンポン入れていけるようにエコバッグのようなものが1枚あると便利です。

軽量シューズ

衣装に合わせた靴で園内を歩いていたら夕方に足が痛くてどうしようもなくなった!ということがあります。

携帯できるような軽量のバレエシューズでも持っていると履き替えられて安心です。

日がくれれば誰も足元まで見ませんので多少衣装とは不釣り合いでもOKです。

楽しいハロウィンを!

ディズニーのルールをしっかり守ってディズニーキャラクターでハロウィンの仮装をバッチリ決めて楽しみましょう。

思い出に残る素敵なディズニーハロウィンを!

◆当日雨が降りそうなら・・

雨の日の仮装はどうする?雨天のディズニーハロウィンや街イベントに

◆ディズニーが空いてる時期については・・

ディズニーランドが一番空いてる時期は?

スポンサードリンク

 - おすすめスポット, ハロウィン ,