今日もいい日!ブログ

楽しくリラックスできる毎日をご一緒に!

小金井公園桜まつり ライトアップ決定!混雑は?駐車場やアクセスは?

      2017/02/27

自然豊かな広大な公園で満開の桜と花見レジャーを楽しみたい!

そんな方におすすめなのが都立小金井公園です。

毎年大賑わいの桜のお花見ですが、屋台やイベントショー、そして観光にアスレチックが楽しめるのは小金井公園ならでは。

小金井公園の桜まつりの時期にぜひお出かけください。

スポンサーリンク

小金井公園 桜まつりの時間は?

小金井公園の桜まつりは例年4月第1週目の土日に開催されます。

小金井公園 桜まつり2017

日程: 2017年4月1日(土)~2日(日)

時間: 1日(土)10時~20時(雨天時18時まで)
    2日(日)10時~18時

4月1日(土)に夜桜ライトアップ開催予定!(雨天中止)

入場無料

当日の天気、そして時間帯によっては桜まつり会場では屋台やショーの舞台前が混雑していますがお花見にはちょうど良い混雑です。

人気の屋台に行列ができたり、ワイワイと盛り上がる団体さんのそばで桜見物をするのは花見の醍醐味ですよね。

私が訪れた中ではだいたい桜まつり会場の混雑時間帯は11時~14時くらいがピークという感じです。

ただものすごく混雑していて泣く泣く引き返した・・・ということは現在までありません。

※今年は夜桜ライトアップが予定されているので4月1日土曜日の夜はたてもの園前の混雑が予想されます。

また、この頃が毎年桜の見ごろになることが多いのですが、年によってはもう葉桜が目立つこともあります。

ですが、小金井公園内の桜は早咲き~遅咲きの桜まで順番に咲いていくので、「まったく桜がなかった」ということにはなりません。

そしてなんといっても東京西部3市にまたがり広大な敷地面積をもつ小金井公園。

どんなに桜の花見客が押し寄せても「混雑で花見が楽しめない」ということはまずありません。

駐車場はバーベキュー客も多いのでだいたい毎年激戦区となりますが、お花見自体は空いた場所でのんびり楽しめますよ。

小金井公園バーベキュー場のユーカリ広場は、西側の桜の園ほど本数は多くないものの桜の花見をしながらバーベキューができます。
(小金井公園のバーベキュー場は事前予約制です。)

場所取りや車を駐車場に停めるための時間の目安はご参考にどうぞ。

◆小金井公園で花見の混雑と場所取りや駐車場やゴミについて

◆小金井公園でバーベキュー 混雑する駐車場へ満車前に停めるには

駐車場に早く着くのはムリ!

帰りの五日市街道の大混雑と大渋滞に巻き込まれたくない!

そんな方には電車やバスなど公共の交通機関を利用してぶらぶら歩いていくのがおすすめです。

◆都内の桜の名所!小金井公園の桜まつりアクセス(吉祥寺からの案内あり)

小金井公園 花見のゴミは持ち帰り?

小金井公園桜まつりでは「ごみは持ち帰り」が原則となっており、花見会場のごみ箱も一時閉鎖されています。

ただ、屋台で買った焼きそばやお団子などの容器やごみを捨てるための袋は各屋台店舗に用意されています。

スポンサードリンク

ご自分で持って行ったお弁当のゴミはマナーとして持ち帰り、こちらには捨てないようにしてくださいね。

ゴミの持ち帰り、なかなか面倒ですがお花見やピクニックなどレジャーでのゴミ持ち帰りアイデアはこちらをご参考に!

◆ピクニックのゴミ持ち帰り&処分 こんなアイデアはいかが?

お花見と桜まつりのメイン会場となる小金井公園西側であるたてもの園前広場のゴミ箱は閉鎖されています。

ただし、小金井公園中央部~東側のごみ箱は撤去されず使用できる年が多いです。
(マナーを守れない方が多いときはテープで封鎖されることも予想されます)

どうしても持ち帰りが困難な場合は中央付近のごみ箱をマナーを守って利用させてもらいましょう。

小金井公園 桜のライトアップは?

小金井公園の桜の夜のライトアップについては毎年「今年はどうなんですか?」と聞かれます。

2017年の桜まつりではいよいよお待ちかねの夜桜ライトアップが開催されることになりました

夜桜がライトアップされるのは4月1日土曜日の夜です。

雨天時は中止となりますのでご注意ください。

この日以外の小金井公園西側、そして両日とも小金井公園東側は特別に明るいライトアップはされず、園内にたつ街灯で桜は照らされる感じです。

そして、ライトアップがないからこそ美しいのも小金井公園の桜でもあります。

広大な原生林に咲き誇る桜が園内のうす暗い街灯に照らされて花びらを揺らす風景は「幽玄の美」そのもの。

個人的にはもっとも好きなのがこの自然な日本の心を感じる夜桜の情景です。

また、園内にはポータブルのライトを持ち込んでほぼ真っ暗な中に夜桜見物を楽しんでいるお花見グループもいました。

ライトアップがないので園内東側の桜並木はとても空いています。

一人歩きは怖くなるほどの時間帯もありますのでお気を付けくださいね。

カップルでロマンティックに静かな夜桜を見ながらデートというかたにはむしろぴったりのシチュエーションかもしれません。

小金井公園 雨の日は?

このところすっきりとしたお天気に恵まれない小金井公園桜まつりです。

ですが、花見日和より人出は少ないものの、小金井公園では雨でもバーベキューを楽しむ方がいますよ。

小金井公園BBQショップでは雨よけのタープの貸し出しなどもあるようなので、花見バーベキューを申し込んだ方はご検討くださいね。

雨天ではずっと座ってお花見というのは難しいでしょうが小雨程度なら十分楽しめると思います。

桜まつりの郷土芸能やダンス、歌のショー、獅子舞などは小雨くらいであれば楽しく見物できました。

また、昼や夜から雨予報の日は花見客が激減しますので屋台のかたに値引きやおまけをしていただいたことがあります。

屋台の運営は小金井の商店街の店主さんなどのため、とても気さくです。

そして屋台グルメもおいしく、射的やヨーヨー釣りなども楽しく、グッズも興味深いものがたくさんあります。

桜まつり会場前には「江戸東京たてもの園」というレトロな風情たっぷりの観光名所もありますよ。

当日が雨予報で迷う方も桜まつりとたてもの園めぐりをセットにして小金井公園へお出かけしてみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

 - おすすめスポット, お花見 ,