今日もいい日!ブログ

楽しくリラックスできる毎日をご一緒に!

夏の肌の乾燥に洗顔しすぎはNG! 夏肌トラブルのお手入れを見直そう

   

肌の乾燥と言えば寒くて乾燥した冬の肌トラブルいうイメージではありませんか?

実は女性も男性も夏に肌の乾燥がひどくなるという悩みがとても多いのです。

夏にお肌の乾燥がひどくなり、顔がカサカサ、ヒリヒリしたりかゆみが出たり、粉をふくなどの夏肌トラブルは枚挙にいとまがありません。

スポンサーリンク
  

夏に肌が乾燥する原因は何?

湿度が高い夏になぜ肌が乾燥するというトラブルが多くなるのでしょうか?

その主な原因は次の通りです。

汗とともに肌のうるおいが奪われる

夏だから汗で肌のベタベタのほうが気になる!というかたも多いでしょう。

このベタベタのおかげで「肌がしっとりしてる」と大きな勘違いを生んでしまうのですが、実はこのベタベタ皮脂が乾くことが乾燥の原因です。

真夏の屋外を歩いて肌に汗をかき、そのままクーラーの効いた室内に入る時に肌が乾燥していく感じがありませんか?

エアコンの冷風で汗がひくと同時に、皮脂とその奥の肌の水分まで飛んでしまうのです。

汗をかいているときには気づきませんが、汗と同時に肌の水分や皮脂が奪われて「肌がカサカサしてつっぱる」と感じる人が多いでしょう。

何度も洗顔やシャワーをしすぎる

夏は汗や脂のベタベタ感が気持ち悪く、格好悪いテカリを抑えるためにも1日に何度も洗顔をする人が多いですね。

ニキビ予防のためにも洗顔を欠かさず頻繁に行なう人も夏には多くなります。

しかしこの洗顔により、必要な水分や皮脂という潤い成分まで洗い流して肌が乾燥しているのです。

汗を拭き過ぎる

何度も汗をハンカチやタオルでふき取ることで摩擦により肌の角質層を傷めつけていきます。

これによりさらに肌の乾燥が進んでしまいます。

クーラーによる室内の乾燥

真夏になるとエアコンで温度調節をした室内は冬と同じくとても乾燥した状態になっています。

温度とともに湿度も下がっていますので、とくにひんやりした部屋へ入ると肌がつっぱる感じを覚えませんか?

会社、学校、カフェ、電車、すべてが乾燥地帯になっていると考えてください。

特にそこへ汗をかいたまま入ることで、汗とともに蒸発するお肌の潤いはどんどんなくなってしまいます。

夏の強い紫外線

夏は全国的に紫外線がとても強い季節です。

紫外線は肌の奥の真皮層まで届き、肌の潤いや弾力を保つ組織を破壊してしまいます。

どんなに肌は丈夫だと自信がある人でも、紫外線が肌のバリア機能を壊してしまっては確実に肌の乾燥トラブルにつながります。

顔の洗いすぎを今すぐやめよう

肌の皮脂を洗い流し過ぎると肌のバリア機能を低下させ潤いを保つことができなくなりかさつく乾燥肌の状態にしてしまいます。

特に洗顔フォームや洗浄料、石けんを使った洗顔やシャワーを一日に何度も繰り返すと肌の乾燥はどんどん進んでいきます。

顔だけでなく体も皮膚が乾燥すると言う人はボディーソープや石けんを使ってシャワーをするのは控えめに。

夏はゴシゴシと洗えると気持ち良いのですが、ナイロンタオルも肌を傷めて乾燥を招くので使わないほうが良いです。

スポンサードリンク

手のひらか柔らかい布のタオルでやさしく洗ってくださいね。

また、夏の顔のテカりを抑えるために洗いたくなるのはよくわかりますが、洗顔料を使った洗顔は1日に最高2回で十分です。

1日に何度もさっぱりするために洗顔しすぎるのは肌に良くありませんのでやめましょう。

夏は特に使いたくなるスクラブ洗顔料も肌への摩擦、刺激を与え、乾燥の原因になるのでなるべく使わないほうが良いです。

もしスッキリしたい時にスクラブ洗顔料をどうしても使う場合は細かいたっぷりした泡で洗ってください。

特に男性に多いのですが、洗顔したあとの無防備な肌へ何もケアをせず、そのままにしている場合があります。

洗顔後の肌は水分が蒸発しやすいので保湿を十分にするお手入れを必ずしましょう。

乾燥するヨーロッパの国では洗顔料と水で顔を頻繁に洗う習慣はありません。

フランス女性もメイク落としはクレンジングミルクでふきとるだけなど、肌の乾燥防止のために極力「洗い流す」ということをしないようにしています。

そうはいっても湿度の高い日本の夏のベタベタ感はは気持ち悪いものですよね。

頻繁にどうしても汗を洗い流したい場合は洗浄料をつかわずにぬるま湯だけで洗いましょう。

お湯と言っても触って温度を感じないくらいの36~38℃くらいの「ぬるま水」のようなぬるま湯が適温です。

夏の肌を乾燥から守る対策は

私たちは夏に汗をかくのをやめることはもちろんできません。

そして肌の乾燥を避けるために室内のエアコンを止めることも不快感による効率の低下や熱中症を引き起こすので現実的ではありませんね。

でも夏の肌乾燥にNGな間違ったケアを今すぐ見直してやめることはできますので試してください。

夏の肌を乾燥から守る対策ポイントは次の通りです。

エアコンの送風に直接当たらないようにする

室内では座る場所などを工夫して、特に顔に直接エアコンの乾燥した冷たい空気が直撃しないようにしてください。

また、寝るときにエアコンをつけて寝る場合は枕の位置も送風口からなるべく遠くにしましょう。

汗をゴシゴシ拭きすぎない

ゴシゴシするたびに摩擦で傷ついた肌は悲鳴を上げ、乾燥によるカサカサ、ピリピリ、チクチクといった不快感を増大させます。

汗は肌をこすらずにタオルでやさしく抑えるようにとることが大切です。

顔や体を洗顔料や石けんなどで洗いすぎない

皮脂の洗い流し過ぎはすぐに肌の乾燥へつながります。

最高でも1日2回の洗顔やシャワーにとどめ、肌の潤いを守りましょう。

目的にあった適切な日焼け止めをこまめに塗る

紫外線の影響は乾燥を始めとするトラブルの原因となり肌の大敵です。

あまり必要以上にSPF値が高い日焼け止めもお肌に負担となります。

シーンに応じて必要な日焼け止めをこまめに塗り直しましょう。

洗顔のしすぎはもちろん、冷房の乾燥や紫外線ケアに気をつけて潤いのお肌で元気に夏を楽しんでくださいね!

スポンサードリンク

 - 美容 ダイエット ,