今日もいい日!ブログ

楽しくリラックスできる毎日をご一緒に!

顔や体の汗を止める時に冷やす1か所!日焼け後ケアにも 保冷剤の美容法

   

外出先や電車の中などで噴き出す滝のような汗が止まらない!という方いませんか?

さて、そんな時に暑い時に保冷剤でを使って体のある一部分を冷やすとサッと汗を抑えて快適に過ごせると聞きました!

電車の中でもすぐに手が届き見た目も悪くない身体の部分です。

すぐに顔や体を冷やせて汗を止める効果や美容のためにもコンパクトな保冷剤は活躍しますよ。

保冷剤を再利用して暑い夏の汗や日焼けの悩みを解消し美容ケアもしましょう!

スポンサーリンク
  

汗を止めるのに冷やす場所は?

最近の夏の猛暑はとどまるところを知らないようですね。

暑い夏、昔は大好きだったけどここまで猛暑日が多い最近の夏は顔や体の汗が私の大きな悩みになっています。

汗をかくと化粧崩れもするし、ベトベトして不快だし、見栄えも悪いし・・・と気になること満載ですね。

外出先や電車に乗る時の流れ落ちる汗を思うと、出かけるのが本当にイヤになるくらいです。

とにかく他人の前でずっと顔や体の汗を拭いていなくてはならないほどの汗、どうにかすぐに止められないかと悩んでいました。

発熱時などに冷やすと体温を下げるのに良い場所と言われている体の部分はこちらです。

  • 首の後ろ
  • 脇の下
  • 太ももの付け根

暑い時に吹き出す汗もこれらの部分を冷やすことで抑えることが期待できます。

ですが!

首の後ろ」はともかく「脇の下」「太ももの付け根」は電車の中など公衆の面前では冷やしにくいですよね!

さて、どこを暑い時に冷やすと効果のある箇所、しかも人前でも気にせずにすぐ冷やせる部分はないのか?と思いませんか?

実はとても良い冷却ポイントがわかりました。

それは「左の鎖骨下」です。

この部分には大きなリンパ節や血管が走っているので冷やすと汗の引きが早くなると言われているのです。

左の鎖骨あたりなら冷やしていてもまったく恥ずかしくなく、満員電車でもすぐ手が届く部分ですし最高の冷却ポイントですね。

ケーキなどについてくる小さな保冷剤パックをハンカチに包んでおき、暑くなったらサッと左の鎖骨下にあてるだけ

これで涼感効果と汗を早く止める効果が期待できます。

冷たく感じすぎるなら顔に当てたり首の後ろを冷やしたりと少しずつ移動させて冷やしてもOKですね。

日焼け 保冷剤で冷やす方法は?

夏の汗の悩みとセットなのが「日焼け」によるほてりや赤みなど肌の悩みです。

日焼けをすると肌が乾燥するので保湿はもちろん欠かせません。

ですが、日焼けをした直後にまず必ず行なわなくてはならないのが「冷やすこと」なんですね。

日焼けもやけどと同じですから、早めの冷却ケアがとても大事です。

やけどをしたら水道の冷たい流水で冷やす方も多いともいます。

スポンサードリンク

でも、日焼けした直後の敏感になった肌に水道からの流水やシャワーは負担です。

顔にジャージャーと水シャワーを当てて冷やすのは実はNGなんですね。

日焼けによる刺激+水による摩擦などの刺激でデリケートな肌には最悪のダメージを与えかねません。

そんな日焼けしたデリケートな肌を冷やすのに保冷剤が活躍します。

保冷剤は直接肌にあてたりせず、肌に刺激の少ない柔らかいガーゼなどの布で包んで冷やしましょう!

水よりすぐに冷やせる効果があり、日焼けで火照った肌をやさしく冷やすことができます。

火照ってヒリヒリ痛みを感じるような時も、保冷剤で冷やすと気分がスッキリしますよ。

日焼けによるほてりや赤みを感じたらすぐに冷やすこと。

ただし、保冷剤で長時間冷やし過ぎることは低温やけどのリスクがありますのでやり過ぎにご注意を。

保冷剤を使った美容法

保冷剤を使って普段の肌のお手入れをワンランクアップする方法をご存知ですか?

肌のきれいさには肌のターンオーバー、新陳代謝の良さが大きな決め手になります。

女性はもちろん最近は男性でも肌のお手入れや美容に気を配る方が増えましたね。

メイクはしなくても肌の手入れだけはキチンとしたいという意識の高い男性も結構見かけます。

さて、お肌の代謝を活発にして細胞が生まれ変わるのを促進するために簡単な良い方法があります。

それは「温めてから冷やす」ことです。

温めた後に冷やすと血管の拡張→収縮が活発になり、血行が良くなります。

そして血行が良くなることで酸素や栄養が肌の隅々までいきわたるようになります。

この働きで肌の代謝が活性化してきれいな肌が保てるのですね。

よくサウナで限界まで身体を温めて水風呂に入るという健康美容法をしている方がいます。

このサウナと水風呂の交代浴も同じ原理でしょう。

保冷剤 肌のお手入れ法

  1. 入浴、またはホットタオル(蒸しタオル)で顔を温める
  2. タオルやハンカチに包んだ保冷剤で場所を変えながら約3分冷やす
  3. 化粧水や美容液などで肌を引き締め保湿する

温めた後に保冷剤で冷やすことで代謝が活性化された肌は吸収力が高まるようです。

顔などのお肌には温めて冷やしたあとに化粧水や美容液をスーッといきわたらせるとその効果が実感できますよ。

夏は保冷剤で冷えた肌が気持ちよく、リラックス&リフレッシュ効果も期待できますね!

保冷剤は暑さ対策以外にも

暑い夏は特に保冷剤にはたくさんの活用術があります。

保冷剤は冷やす用途だけでなく、他にも消臭や芳香インテリア、植木の水やりなどの生活シーンにも活躍できますよ。

◆保冷剤 こんな意外な活用術

ケーキ屋さんやスーパーでもらったまま冷凍庫に溜まっている保冷剤を生活や美容にお役立てください。

ご参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

 - 生活のアイデア, 美容 ダイエット ,