今日もいい日!ブログ

楽しくリラックスできる毎日をご一緒に!

無駄遣いしないコツ 衝動買いをやめる方法も

   

いつも「お金がない」「お金さえあれば」と、お金の悩みに振り回されていませんか?

では頑張ってお金を貯めれば良いのですが、なかなか貯められないと言う悩みが多いものですね。

10円、100円をケチってみじめな思いをしながら節約している割には、数千円、または数万円の「無駄遣い」をしていませんか?

「無駄遣いで貯金ゼロ」などという悩みは意外と多いものです。

生活する中で知らないうちにまったく思いもしなかった無駄遣いや衝動買いをしていないか以下をチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

無駄遣いしないためには?無駄とは何か意識する

日常で支出を減らすために一番抑えたいポイントが「買い物の無駄遣いをなくすこと」です。

多くの人がいつもお金が足りないと感じ、おそらく無駄遣いも気になっているのではないでしょうか?

無駄遣いが多いとそれに比例してどうしてもお金は足りなくなることが多いですね。

どんなことに無駄遣いをしているかわかっていれば、その出費は抑えるように強く「意識してお金を使う」ことが大切です。

出費を抑えるなら節約すればOKなんじゃない?と思われましたか?

でも何でも手当たり次第に節約!という方法ではなかなかお金は貯まりません。

それより10円、20円を節約するために逆にストレスがたまり、そのストレス解消にお金を浪費するという悪循環にもなる可能性大です。

もともとお金は生活を豊かに、人生を彩り豊かにするためにあるものです。

ただお金を貯めるために、自分のささやかな贅沢や楽しみ、趣味や娯楽への出費を抑えることは生活を委縮させてしまいます。

無駄に使ったお金と、何かの役に立ったお金、つまり「死んだお金」と「生きたお金」と言う風にお金の使途を明確に考えると良いですよ。

誰が無駄遣いだと言おうと、自分にとって豊かな時間や空間を提供してくれたものへの出費は無駄遣いではありませんね。

これは自分の気持ちを満たしてくれて役に立った「生きたお金」です。

逆に、「こんなことにお金を使ってしまった」と後悔するようなお金の使い方をすると出費は「死んだお金」になってしまいます。

自分が「死んだお金」と感じたものはすべて「無駄遣い」になります。

お金を使う時は意識してお金を活かしてあげましょう。

生きたお金の使い方を心がけていると無駄遣いはどんどんなくすことができるはずです。

無駄遣いの例 その原因と結果

無駄遣いのしかたは人によってさまざまですが、以下のような例が多いでしょう。

同じものを買ってしまう

【例】同じ本、同デザインの洋服や小物、ひとつあれば十分なものを重複して買ってしまう

【原因】原因自分が持っているものが頭で整理できていない

【結果】同じものがあっても仕方ないので一つは処分することになる無駄遣いへのストレスと後悔が大きい

自分が何を持っているか、必要なものは何かを普段から把握しておきましょう。

安いからという理由で買う

【例】欲しくないもの、必要でないものでも安いと魅力的に見えて買う、本当に欲しい高いものよりランクを落として安いほうを買う

【原因】本当に欲しいものにお金を使っていない。「得である」と言うことに価値を見出している

【結果】使わないまま処分に困る。さらには本来欲しかったものを買いなおして二重の出費に!

「安物買いの銭失い」ということわざがあります。
目先の得を一番に考えると結局は損につながることがあることを意識してください。

衝動買いをしてしまう

【例】見かけたものが猛烈に欲しくなってよく考えずにその場で買ってしまう

スポンサードリンク

【原因】自分の価値観が定まっていない、計画性に乏しい、買い物することでストレスや負の感情を解消しようとしている

【結果】なぜこんなものを買ったんだろうと出費を後悔する。いらない物が増えて部屋が片付かないストレスが生じる

衝動買いをなくす方法は次の章で解決のアイデアをお伝えします。

この中に思い当たるものが1つはありませんでしたか?

または2つ、さらにはすべて当てはまる!という方もいらっしゃると思います。

ではこの無駄遣いの悩みで一番多い「衝動買い」をやめる方法を次にお伝えします。

衝動買いをやめる方法

衝動買いをやめることは無駄遣いをしない生活には欠かせない方法です。

お金が貯まらない、お金が足りないという悩みから解放されるためにまずは衝動買いを減らしましょう。

衝動買いは絶対しないと決める

まずは自分の生活の中で衝動買いしないことを意識に強く刷り込むことです。

多くの人が「限定商品につき」「残りあとわずか」などの文言で購買意欲をあおられて買ってしまいます。

買わなくて後悔するより買って後悔することのほうが多いのが衝動買いです。

欲しいと思ったらその場で買わず、代用できるものがないか、それが本当に必要か考えてから買いましょう。

購買意欲がかき立てられるので通販番組は見ない

衝動買いをさせるテクニックが素晴らしいのが通販番組。

全く興味がなかったものまで輝いて見え始め、ずっと欲しかったような気持にさせられます。

しかも購入期限や値引き率などであおられ、本当に必要でないものに出費してしまう可能性が高いです。

衝動買いの癖がある方はこのタイプの番組は見ないようにするほうが賢明です。

ストレス解消に好きなだけエアショッピング

あれも買ってはダメ、お金を使ってはダメという制限の多い貯蓄生活はストレスが大きすぎます。

買い物が大好き、ショッピングがストレス解消!という方には上の2つは難しいですね。

それならストレス解消に「エアショッピング」して下さい。

エアショッピングの方法

  1. ネットショッピングのサイトで好きなものを片っ端から買い物かご(カート)に入れていきます
  2. だいたい買って気持ちがすっきりしたら「買い物かご(カート)を空にする」をクリック
  3. 出費ゼロでショッピング終了です

意外と気持ちよくストレス解消できますのでお試しください。

透明の封筒や袋で1日分を管理

収入ー貯金=生活費の式から、1日分の生活費を割り出してください。

その1日分の金額を封筒やプラスチックの袋などにいれます。

それ以上のお金は使わないと決めて、ゲーム感覚で1日をやりくりしてみてください。

衝動買いを抑えるのにもとても良い方法です。

自分が何に出費が多いのか、またはどうすれば減らせるのかなどもはっきり見えてきますよ。

きちんと生活費の範囲でおさまったり、お金が余った時の快感は何とも言えないものです。

また月の初めに30日分の予算を1日分づつバインダー式のクリアファイルにまとめておくと毎日の管理が楽ですね。

さいごに

衝動買いと無駄遣いを毎日の生活から減らしてお金の悩みから解放されましょう。

また、節約も大切ですが日々の生活からストレスなく大きな金額を一気に節約する術があります。

◆貯金できない人へおすすめの方法!楽にお金を貯めるなら

ぜひストレスフリーな節約と貯蓄術をお役立てくださいね。

スポンサードリンク

 - 生活のアイデア ,