今日もいい日!ブログ

楽しくリラックスできる毎日をご一緒に!

熱中症には軽度 中度 重度の段階がある 症状に応じた応急手当

   

ひとくちに熱中症と言っても重症度に応じて軽度・中度・重度またはⅠ度・Ⅱ度・Ⅲ度に分類されます。

熱中症かも!と思ったら症状に応じて速やかに正しい対処をしましょう。

スポンサーリンク

熱中症の症状と重症度

熱中症は段階を経てどんどん重症化していきやすいものです。

高温で多湿の日本の夏では少しの体調の異変にも敏感に気づいて熱中症を重症化させないようにしましょう。

熱中症は多量の汗をかいて体内のミネラルや水分のバランスが崩れること、また体温調節がうまくできなくなることで起こります。

普段は体力があり熱中症と無縁と思える人でも、睡眠不足や風邪気味などの体調の微細な変化によりちょっとしたことで熱中症になることがあります。

つまりどんな人も熱中症になる可能性はあると言うことです。

以下のような症状が出たら熱中症のサインかもしれませんので正しく対処しましょう。

  • 顔が赤くなる
  • 汗を多量にかいている
  • ぐったりしている、元気がない
  • 手足のしびれ
  • 頭痛、めまい、吐き気、嘔吐など
  • 尿量が少ない、尿の色が濃い
  • 寒気、ふるえなど

水を飲んでいれば熱中症にはかからないから大丈夫ということではなく、汗とともに水分だけでなく塩分が体外に排出されることで熱中症は起こります。

暑い日になんらかのいつもとは違う不調を感じたら熱中症を疑って対処してください。

熱中症の重症度による対処

熱中症はなんとなく具合が悪いという症状から急激に悪化することがあります。

早い段階で熱中症の応急処置をして大事に至らないようにしましょう。

熱中症 軽度の症状と処置

症状

  • めまいや立ちくらみ、顔の赤み、ほてり
  • 筋肉の痛みやこむら返り
  • 多量の汗をかく

処置

上がった体温を下げようと汗が大量にでます。

そうすると体液が減ることで脳への血流が悪くなりめまいや立ちくらみになります。

汗で体外に出てしまったナトリウムが不足して筋肉の痛みやこわばりが起こります。

涼しいところで身体を冷やし、スポーツドリンクや経口補水液で水分を補給しましょう。

熱中症 中度の症状と処置

症状

  • 頭痛、吐き気、嘔吐
  • 倦怠感、ぐったりする、動きにくい

処置

脱水症状が進んでくると身体の機能がうまく働かなくなります。

スポンサードリンク

そうすると全身症状が強く出るようになります。

ズキズキと痛む頭痛や吐き気、嘔吐、立っているのがつらい脱力感、倦怠感など。

この中度の段階になったら素人が様子を見ているのは危険であり、病院へ行くタイミングです。

熱中症 重度の症状と処置

症状

  • 体温が40度以上となり高い
  • 意識がない、呼びかけへの反応が鈍い
  • 身体がけいれんする
  • きちんと歩くことができない

処置

熱中症の脱水症状が進んで脳の温度が上昇すると体温調節の機能が低下・停止してしまいます。

この重度な熱中症では多臓器不全に至ることがあり、最悪の場合は命を奪われます。
何をおいても一刻も早く119番で救急車を呼んでください。

熱中症の応急手当てと注意点

熱中症の応急手当は症状に応じて行ないますが、まず意識があるかどうかの確認が重症度を見分けるポイントとなります。

意識がもうろうとしている、呼びかけへの反応がおかしい時は様子を見ていてはいけません。

もし呼びかけに応じないなどの意識がない状態であれば、手当よりも先に119番通報で救急車を要請してください。

意識があれば、日陰やクーラーのある部屋などの涼しい場所へ患者を移動させます。

洋服のボタンやベルト、ネクタイなど衣類の締め付けをすべてなくし、患者の熱を逃がしましょう。

水で濡らしたタオルで身体を拭いたり、うちわで風を送ったりして身体を冷やします。

できれば氷のうやそばにある保冷剤などで患者の身体を冷やして体温をできるだけ下げます。

首やわきの下、脚の付け根などの部分を重点的によく冷やすと効果的です。

スポーツドリンクや、なければ水、食塩水などを飲ませます。

自分で飲むことができない状態になっていれば病院へ搬送が必要です。

また、自分で飲むことができても熱中症の症状が回復しない場合は病院へ搬送しましょう。

応急手当をしても容体が急変することがありますので、しっかりと観察して少しでもおかしいと感じたら救急車を要請してください。

熱中症対策には夏の水分補給には麦茶に塩砂糖! 夏バテ防止のアレンジ麦茶 をどうぞ。

スポンサードリンク

 - 健康 ,