今日もいい日!ブログ

楽しくリラックスできる毎日をご一緒に!

帰るタイミングを逃さない 爽やかにうまく帰る方法!

      2016/07/19

私たちの日常で意外とストレスになっているのが帰るタイミングを逃してしまうことではないでしょうか?

飲み会、デート、パーティー、お茶会etc.

始まる前から「今日はちゃんと帰れるかな?」とドキドキしたり軽くゆううつな気分になってしまっている人も多いようです。

そんなことでは楽しいはずの時間も十分に楽しめずもったいないですね!

いつもさわやかに帰る方法を実践すれば、もっと楽しい時間が増えるはずです。

スポンサーリンク

飲み会やお茶会から帰るタイミング

会社や仲間との飲み会や友達とのお茶会は話題に花が咲いてしまい、「そろそろ・・・」と切り出しにくいですね。

にぎやかで盛り上がった会では帰るタイミングを逃しがちです。

そんな時も帰りたいのにダラダラと長居をすると、あまり良い気分になりません。

次ももうあの集まりに行きたくない!と逆にコミュニケーションがおっくうになり付き合いが面倒になってしまうかもしれません。

長居することで良いコミュニケーションがとれるわけではありません。

大切なのは自分も相手もいかに限られた時間を濃縮、充実させて楽しむことができるかです。

たまには夜中まで、朝までという流れにまかせた長居を楽しむのも良いでしょう。

気の合う仲間ならとても良い思い出になりますしたまの長いダラダラのお付き合いはおすすめです。

しかし、どんな時も帰りたいと思ったらやはり帰るタイミングを逃さず帰るのが賢明です。

うまく帰る方法は

では具体的にはどのようにするとスマートにうまく帰ることができるでしょうか?

飲み会やお茶会、デートなどからさわやかに帰るコツ

最初から今日は悪いけど何時に帰ると言っておく

「○時まではしっかり楽しみます!」などのポジティブな言葉も添えると良いですね。またの機会にゆっくりなどの言葉を忘れずに。

お店の場合その時間が来たら自分のお会計をする準備を整える

財布を出す、おいくらですか?と隣の人に尋ねるなどの仕草で帰る雰囲気を察してもらいます

トイレや電話をかけに席を外し、退出しやすい雰囲気をつくる

上着や荷物もまとめておくとさらに良いでしょう

オーダーをするときに一言添える

「これをいただいたら今日は失礼しますね」など周りへアピールしておきます

上手に帰り際を演出する理由や言葉

「もうこんな時間?楽しくてあっという間でした」

楽しい時間だったと強調することでその場の人へ良い印象を残します

「今日は知人のペットを預かることになっているので」

ペットの世話へは意外と理解を示す人が多いようです

「実家と珍しく電話をしなくてはならないので」

久々の家族との会話です。仲間がプライベートを詮索するようなこともないでしょう

スポンサードリンク

「家族の誕生日(記念日)を祝うので」

病気や不幸を理由にすると場が暗くなるので理由は明るいほうが良いでしょう

「コミュニティ(町内会、サークル、自治会)の当番なので」

他のコミュニティでの役目は大切な用事ですので理解してもらえるでしょう

「残念ですが○時までで帰らなくてはなりません」や「そろそろ失礼します」と言って帰るのはまったく失礼ではありません。

周りに気の利いた方や、同じように帰るタイミングを見計らっている方がいれば「そろそろ時間ですね」と声をかけてくれたりもするでしょう。

「もう少しいいじゃない」という言葉は社交辞令のことも多いのであまり深刻にとらえず爽やかに退散しましょう。

上手く帰るタイミング 実はみんな待っている

実はこの帰るタイミングがはかれない、帰る時間を切り出せないという方はとても多いのです。

自分が帰ると切りだしてそのまま会がお開きになったと言うことはありませんか?

それに責任に感じることはありません

それだけ大勢の仲間が「そろそろ帰りたいな、だれか帰ると言いだしてくれないかな」と待っていた証拠です。

同じように帰りたい人も多い中、会の流れを変えてくれた人としてむしろ感謝されていると思っても良いくらいでしょう。

終わりの時間制限がなく、盛り上がっている会の帰り際はとても難しいものです。

自分から帰ると言い出しにくいのは誰もが同じです。

しかし、帰るタイミングに迷う時には実は皆が心ではわかっている以下のようなことを思い出してみましょう。

  • 「もう少しゆっくりして」という引き止めは社交辞令
  • 帰りたいと思っている人は意外と多い
  • 招いた相手もいつお開きにしようかやきもきしていることもある

長居をすることは、決して気遣いやマナーではありません。

むしろいつも「惜しまれつつ帰る」タイミングを心がけることです。

この人ダラダラつきあいが長いな、この人いったいいつまで居るんだろうという印象をもたれるのはマイナスです。

「楽しかったです」

「また誘ってください」

などの相手に良い印象を残す言葉と笑顔であいさつをすることが大切です。

もう少しいてほしかった、また会いたい、と思われるのに必要なポイントは

最後の挨拶、お礼、笑顔」です。

むしろ帰る言い訳が本当なのかなどと思われることなどはそれほど大したことではありません。

長居にならず、惜しまれつつ帰ること、これが帰るベストタイミングです。

帰るのが難しくなるから誘われても行きたくないなどと思わず、さわやかに帰るポイントをクリアしてお付き合いの幅を広げ楽しんでくださいね!

これも覚えておきたい>>友達の家から帰るタイミングはいつ?

スポンサードリンク

 - マナー 習慣 ,