今日もいい日!ブログ

楽しくリラックスできる毎日をご一緒に!

花粉症の症状でイライラ!ストレス対策にアロマはコレが効いてます

      2017/03/22

花粉症といえば目のかゆみ、涙、鼻ムズムズ、鼻水、鼻づまり、くしゃみ、咳、だるさetc.

イライラして集中力が保てず毎日ストレスを感じてしまいますね!

花粉アレルギーの症状を根本的に治すのはなかなか時間もかかり難しいものです。

そこで花粉症の症状で日々イライラする季節が来るとそのイライラ感だけは解消したいと思いませんか?

私が毎年花粉症のストレス&イライラ対策しているというアロマの使い方をご紹介します。

スポンサーリンク

花粉症の症状はストレスの悪循環!

花粉症の原因としてはもちろんスギやヒノキなどの花粉に対するアレルギーが主たるものです。

アレルギーの症状が出やすくなる要因の一つに「ストレス」があげられているのをご存知ですか?

仕事や家事などで疲れてストレスを感じると自律神経の調節がうまくできなくなり、花粉症のアレルギー症状が出やすくなります。

そして、花粉症の主な症状である目のかゆみ、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、咳、倦怠感などはさらに身体と心にストレスをため込んでしまいますね。

そうするとストレスを感じて疲れることでアレルギー症状はもっと強く出やすくなってしまいます。

花粉症のアレルギー症状はとてもイライラして、無気力にもなりやすく肉体的、精神的にとても苦痛でストレスですよね。

日常生活でストレスを感じる

花粉症の症状が出やすくなる

花粉症症状でイライラしてストレスを感じる

ストレスで花粉症の症状が強く出る

症状によってストレスを感じる

ストレスで花粉症の症状が悪化する

(以降くりかえし)

という「負のループ」が出来上がってしまい、花粉シーズンはストレス爆発!

とてもイライラして憂鬱な季節になってしまいますね。

花粉症のあのイヤなイライラする症状を抑えるためには皆さん何をしていますか?

抗アレルギー薬で症状を軽減しながら花粉の季節をやりすごすという方も多いでしょう。

私が花粉シーズンに自分でアレルギー対策として効き目があると実感しているアロマをご紹介しますね。

ご興味があればこちらもどうぞ。

花粉症の鼻水と咳 熱が38℃!?

雨が降ると花粉症がひどくなるのはなぜ?

花粉症の症状を抑えるアロマをどこでも!

アロマオイルにはストレスを解消する効果が期待できます。

花粉症の症状を和らげるにはとにかくストレスをためないこと、上手にストレス解消することですね。

私がアロマテラピーの効果として一番感じているのは「ストレス解消・気分を爽快にする」ということです。

アロマオイルはアレルギーへの抵抗感や炎症を鎮める効果があると言われます。

アロマパワーで花粉症の症状とストレスを解消し、だるい気分もスッキリしましょう。

鼻のムズムズ感、鼻水、鼻づまりの緩和にはやはりアロマオイル(精油)が手軽でおしゃれで効果的。

外出にも携帯しやすいアロマオイルはNO.1の花粉症対策だと感じています。

花粉症に効くアロマ

  • ユーカリ
  • ペパーミント

この2種類のアロマオイルを携帯していれば以下の方法でどこでも花粉症の不快感をスッキリさせるのに役立ちます。

どちらか1種類、または2種類ブレンドしてお好みの香りにしてもOKです。

    • 対策1:アロマオイルを1~数滴、ハンカチやティッシュに垂らして香りを嗅ぐことで症状を緩和します

 

    • 対策2:マグカップにお湯を注ぎアロマオイルを数滴垂らして、その蒸気の芳香浴で症状を緩和します

 

  • 対策3:マスクに花粉症対策のアロマスプレーをシュッと一吹き。鼻や目などのイヤな症状を緩和します
スポンサードリンク

花粉症にはアロマ  マスクにスプレー

花粉症がつらい時期はマスクは必須ですよね。

そのマスクに花粉症の辛い症状を和らげるアロマスプレーを一吹きして気分をすっきりさせましょう。

マスクスプレーをアロマで手作り

    用意するもの

  • 無水エタノール10ml
  • 精製水  40ml
  • アロマオイル(ユーカリ、ペパーミント) 15~30滴

作り方

  1. 無水エタノール10mlにアロマオイル15~30滴をお好みのブレンドで垂らす
  2. かきまぜてそこへ精製水40mlを加えて出来上がり
  3. スプレー容器に移し替えてマスクに一吹き。毎回スプレー前に振りましょう

アロマオイルを上手に利用することで目鼻の不快感、喉の痛みやいがらっぽさ、咳、倦怠感なども緩和されます。

花粉症の入浴に効果的なアロマ

お風呂に入ると花粉のアレルギー症状が少し治まってホッとすると感じることがありませんか?

入浴中はお風呂場の湿度で目や鼻、喉がうるおされること、血行が良くなり鼻づまりが改善されることなどで症状が軽減されます。

普段はシャワー生活の方もお湯につかって身体がゆるみ、気持ちがほぐれる入浴は花粉症シーズンにおすすめです。

花粉症の症状を抑える入浴法

  1. 浴槽に38~40度以下のぬるめのお湯を入れます
    (42度以上の「熱い」と感じる温度はNG。症状悪化の恐れもあります)
  2. お湯の中へユーカリを4~5滴垂らします
  3. ゆっくりとお湯につかりユーカリの香りを吸い込むことで鼻水や鼻づまりの症状が緩和されます

ユーカリの香りでストレス解消の効果が期待できます!

ゆったりとした気分ならユーカリ、だるさをすっきりさせたい時はペパーミントなどと使い分けても良いですね。

私は夜寝る前にゆっくりお風呂に入る派なのでユーカリを使っています。

浴室に漂うアロマの蒸気で目や鼻、喉を潤し、ストレス解消、花粉症への抵抗力を高めましょう!

花粉症の季節のハーブティーブレンド

花粉症の季節真っ盛りはもちろん、その前から抵抗力を養うという目的でハーブティーを飲んでいます。

中でもエルダーフラワーインフルエンザ予防や症状の緩和にも良いとされています。

ちょうど花粉シーズン前はインフルエンザが猛威をふるう季節でもありますしおすすめのハーブです。

花粉症対策のハーブティー

  • エルダーフラワー
  • ペパーミント
  • ローマンカモミール

いずれもアレルギー症状を和らげる効果が期待でき、やさしく飲みやすいハーブです。

ハーブに熱湯を注ぎ、3分間おいて風味と成分を浸出させて、鼻から香りを楽しみながら飲みます。

1種類だけで素材の香りと味を楽しんだり。お好みのものをブレンドして気分によってアレンジするのも楽しいですよ。

気分がゆったりと落ち着き、ストレス解消とアレルギー症状の軽減にに最適です。

◆花粉症対策のおすすめグッズや運動法はこちら

どうぞご参考になさってくださいね。

スポンサードリンク

 - 健康 ,