今日もいい日!ブログ

楽しくリラックスできる毎日をご一緒に!

テスト直前!とにかく国語の点数アップをねらう勉強法 

   

テスト 100点

テストがもう1週間前に迫っている、またはもっと直前になって勉強が追いつかず焦っていませんか?

国語は少し勉強したからと言って点数がなかなかすぐには取れない教科です。

ふだんからの読解などの勉強がものを言いますが、とにかく急いで国語の点数だけを上げるにはどんなやり方があるでしょうか?

スポンサーリンク
  

国語力がない人に大切なこと

国語の点数を上げたいという場合、

1.国語力を伸ばして点数や成績を安定させたい

2.とにかく一夜漬けで国語の点数だけ上げたい、 の2通りがあるでしょう。

国語力を伸ばす勉強のやり方については、別の記事に詳しく記したいと思います。

ここでは、とにかく目前に迫ったテストで国語の点数を効率よくなんとか稼ぐためのテクニックをお伝えします。

国語は勉強をしたからすぐに点数アップできるという教科ではありません。

語彙(ごい)力や読解力・文章力など、数か月~年単位の勉強の積み重ねだけが国語力を高めるものです。

ただし、テストでの点数の上げ方に関しては国語テストの問題の解き方を知っていれば点数アップの方法はあると言えます。

今現在は国語力がないけど成績や点数をとにかく上げたい人は、ある方法で国語テストにのぞむ必要があります。

国語力をアップさせるのに大切なのは勉強の積み重ね、それと同時に国語テストの点数アップテクニックです。

国語力を鍛えるのに間に合わない人がその場しのぎ的にできる、国語の点数アップを目指す解答テクニックとはどんなものでしょうか?

国語テストの点数を上げるには

国語だけはもう今さら勉強してもテストまでに時間がないので、とにかく点数を上げるテクニックだけ知りたい方は以下の方法を試してください。

まず時間配分を決める

テスト用紙が配られたらまずすべての問題をざっと見て、問題ごとに回答する時間配分を決めましょう。

テスト直前の準備できることは、過去問から各問題にかける時間をあらかじめ設定しておくことがあります。

例として国語のテスト制限時間が60分とします。

この場合、漢字の書き取りや記号選択の問題(例:次のア・イ・ウのうちどれか?など)の両方は10分で終えましょう。

それに加えて読解問題が2問出題されるとして1問20分、2問を40分でしっかり読み解き答えます。

残りの10分で誤字や読解のミスなど丁寧に見直します。

漢字の問題は時間をかけず読みを完ぺきに

漢字の問題は実は一番点数につながりやすいといえます。

点数配分が大きいが時間がかかる読解に比べて、数秒で書ける漢字問題を速く確実に説くことは点数を稼ぐには必須です。

国語の点数アップのために一番効率的なのは漢字の問題で点数をとることでしょう。

スポンサードリンク

漢字の書きについては、わからない、思い出せない場合はとにかくスルーして先へ進めましょう。

そして、漢字の読みについては点数が取れる割には楽に暗記できるものなのでテスト前にしっかり覚えておいてください。

選択式問題は必ず埋める

ア・イ・ウの3つの選択肢から正解を1つだけ選べ、などの選択式の問題はわからなくても必ず記号を書きましょう。

単純に計算すれば、当てずっぽうでも正解する確率は4択なら25%、3択なら30%以上です。

全くわからない場合でも傍線の部分に関する問題であれば、傍線部近くの文章をよく読めば正解を導ける可能性が高いです。

読解問題の解き方とコツ

日頃から読解力を鍛え、文章力を磨くことしか読解問題で確実な点数を取る方法はありません。

もうテスト直前なら読解問題のコツを覚えて今回の国語テストの点数アップだけを目指しましょう。
基本となるのは、

  • 最初に出題されている問題を全部を読む
  • 問題で聞かれたことを解くようにポイントに線を引きながら本文を読み始める
  • 本文中の「傍線部」とその付近には特に注目する

ことです。

傍線が引かれることが多い問題のケース

◆~はなぜか?という理由を問う問題・・・「~だから」「~ので」「~のために」など理由を説明する語句に正解が含まれる可能性大

また、この場合は傍線より後の文章中に正解があるでしょう。

◆指示語(「これ」「それ」など)は何を示すかという問題・・・指示語より後に回答があることはまずありません。

指示語より前、特に直前の文に注目してください。

◆筆者の言いたいことは何かなどの読解・記述問題・・・これは総合的な国語力がなければ解きにくい設問です。

ですが、本文の趣旨をおおまかにとらえることさえできれば「本文中から抜き出した文章」だけで得点できることも多々あります。

理由を問う問題であれば「~だから」「~のため」などで締めくくる、作者の気持ちを問う問題であれば「~な気持ち」などの語尾で本文中から抜き出した文章で締めくくるだけです。

テストを空欄で提出するのはもったいないのでチャレンジしてみてください。

国語点数アップポイントのまとめ

国語の得点アップにつなげるテクニックは、

  • 漢字問題(特に点数を取りやすい読み)を重点的に勉強
  • 時間配分をあらかじめ決めておく
  • 選択式の問題は必ず解答欄を埋める
  • 傍線部の周辺から解答を導き出す
  • 読解問題は先に問題文を読んでから本文を読む
  • 記述が全く欠けない場合は本文中の文章を抜き出し適する語尾をつけて解答する

です。

このやり方で苦手意識を持たずに国語テストを乗り切ってくださいね!

スポンサードリンク

 - 勉強 テクニック ,