今日もいい日!ブログ

楽しくリラックスできる毎日をご一緒に!

新型肺炎 ドラッグストア店員がコロナ騒動への嘆き 

   

ドラッグストアに勤めています。

コロナが流行り出してから(2月頃から?)現在まで、マスクを求めるお客様の対応に疲れる日々です。

スポンサーリンク

マスク売り切れは中国人により1月から

まずは

1月後半に中国人によるマスク爆買いから始まりました。

中国人により買い占められ、入荷も少なくなり出した後に、今度は日本人による買い占めが始まりました。

「マスクどこですか?」
「いつ入るんですか?」
「アルコールありますか?」

といったことを10秒に1回聞かれるレベル。

「売り切れです、いつ入荷するかは分かりません」ということを1日何百回と言わなくてはいけなくて、うんざり。

売り切れの貼り紙を出していたとしても、

「いつ入荷しますか?」

「もし入荷したらどこに出しますか?」

「朝何時から並べば買えますか?」

売り切れていても、売場の場所をしっかり聞かれます。

朝出勤してみれば、まだ朝7時であるのにかかわらず、すでに店の前には長蛇の列。

開店準備をしていると、ドアを叩かれ、外から「今日はマスク入ってるの?」と叫ぶ人達。

中には「私が先よ」とお客様同士でケンカを始めることも。

「なんでないの?」と怒鳴られることも多々。

電話でも

「今日は入ってきたんか?」

「明日はどのくらい入るのか調べて教えろ」

そんな日々がずっと続いているので、正直もう働きたくないし、お客様に話しかけられることが嫌です。

「すみません、マス…」

スポンサードリンク

「ないです!!」

と食い気味に言い切ってしまうことも。

我ながら塩対応してしまっているな、と。

マスクは発注できなくなっているため、いつ入荷するかは私たちでも分かりません。

調べようもありません。朝来てみないと分かりません。なのに理不尽に怒鳴られて、嫌になってしまう。

どうかスーパーやドラッグストアに勤めている人の気持ちも考えてほしい。不安なのは分かるけれど。

ドラッグストア店員が今困るのは

また会社に対しても不満が1つ。

会社の考えは、マスク等はないけれど、今が売り時!免疫力を高めると謳って、栄養ドリンクを売れ!という上からの圧力。

また、学校が休みになって大変だけど、パートさん達には極力仕事を休んでもらわないように!と連絡が回ってきたり。

こんな会社にも嫌気が差してしまう。

とにかく早く終息してほしいなぁと思います。

このままでは私がどんどん冷たい人間になってしまう!

この問題について、解決策はありません。

ただ私は働きつづけるしかないです。

あとはお客様が、マスクなんてどうでもいい!と思って下されば、それほど嬉しいことはないです。

本当に本気でマスクが欲しい人は、朝一で並んで下さい。
毎日ではないですが、ほんの少しは入荷してます。

でもできれば花粉症の人にマスクを譲ってあげて下さい。
予防目的の人は、手洗いやうがいで十分だと思います。

ドラッグストアで働く私たちも感染の不安にさらされながら、そして日々戦いのような現場でこのウイルス騒動の終息にむけてがんばって行くのみです。

スポンサードリンク

 - 生活のアイデア